【D.B.Lunday】アメリカ・フランスのアンティーク・ヴィンテージのテーブルクロス・雑貨とハンドメイドの商品を紹介しています。

about lace

HOME > レースの種類


レースの種類


全ての商品アンティーク/ヴィンテージハンドメイド

ボビン・レース Bobbin Lace

アンティーク・レースの代表的な技法です。
またヨーロッパの伝統的なレースです。

ボビン(糸巻)に巻かれた何本もの糸を、
型紙のデザインに従ってピンで固定しながら糸を交差させたり、
組み紐の様に模様を作り出します。
織物の様に3種類、平織、綾織、重ね綾織で模様を作り出すので、
「手織りのレース」と言われています。

特徴
手織りボビン・レースは技術ももちろん、膨大な時間を要します。
細い糸で繊細な柄を作り出し薄いレースが特徴です。
織り方には「ストレート・レース(連続)」「フリー・レース(断片)」の二種類があります。
代表的なストレート・レースには
トーション・レース  ロシアン・レース  チュール・レース  ギュピール・レースがあります。
代表的なフリー・レースには 
ホニトン・レース  デュシェス・レースがあります。


ボビン・レースの種類

トーションレース

トーション・レース Torchon Lace
甘撚りの太いリネン糸・コットン糸で作られた、ボビン・レースのストレート・レース(連続)。
単純な模様が多く、縁飾りとしてよく使用されます。
トーションとはフランス語で「ぞうきん」の意味です。
農家で作られた事からペザント・レース(農民のレース)とも言われます。
特徴
太めの糸を使っているので、厚みがあり、細幅の物が多いです。
今でもハンドメイドを作られていますが、機械で作られたものも沢山あります。

ブリュッセル

ブリュッセル・レース Brussels Lace
ベルギーのブリュッセルが発祥です。
モチーフを作りながら網目につないでいくのが特徴です。
ニードル・レースの技法をボビン・レースに取り入れた技法でもあります。

ロシアン

ロシアン・レース         
1721年~1917年のロシア時代に作られた、
手織りのボビン・レースの技法で作る、テープ・レースです。
テープを曲げて一筆書きの様な模様を最初に作り、その間をかがって繋げていく技法です。
特徴
一筆書きの様なテープの模様が特徴です。
ポワン・デスプレの模様が特徴です。

クリュニー

クリュニー・レース Cluny Lace
フランスのクリュニー地方で18世紀頃に作られた
手織りのトーション・レースの一種ですが、トーションレースが簡素な模様のに比べて
ポワン・ディスプレ等を取り入れたり、柄を作り出しているレースです。
機械で作らるものはリバー・レースともいいます。

auto-m5zJHh.JPG

ギュピール・レース Guipure Lace
Gimp(ギンプ)「飾り紐・組紐」が語源と言わてるいます。
ボビン・レースの中でも太いリネン糸で作られる少し厚みのあるレース。
特徴
ボビン・レースの特徴の模様と模様の間にある編目がないデザインが特徴です。

auto-cwpUUY.JPG

シャンティイ・レース Chantilly Lace
パリ・シャンティイで作られた事からこう呼ばれる様になりました。
シャンティイといえば 黒いレースを想像しますね。
このレースは17世紀にシャンティイで生まれ18世紀に流行ったレースです。
特徴
リネンやシルクで作ったボビン・レース。
細いコードで外郭を縁取っているのが特徴です。
とても歴史のあるレース編みですが、19世紀にはレース機が発明された事で
手織りからレース機編みに変わってしまいました。

バックス

バックス・ポイント・レース
シャンティイ・レースにも似ています、
シャンティイ・レースがフランスの黒のレースであれば、
バックス・ポイントはイギリスの白のレース。
特徴
チュール・レース(網目)の一種で、シャンティイと同じ様に模様の縁取りに
太い糸が使用されています。
その周りの細かいチュール(網目)が特徴です。

チュール

チュール・レース Tulle Lace
チュール(細かい網目の生地)に柄を編んだり、
刺繍したりして作り上げていく手法です。
フランスのチュールTulleが発祥です。
とても細かい手間のかかるものです。今ではレース機で作られるのが殆どです。

デュセス

デュシェス・レース
ブリュッセル・レースの代表的なレース。
フランス語ではデュシェス「公爵夫人」の意味があり
最高級の手織りボビン・レースです。
別名「ダッチェス・レース」とも言われます。
網目は無くモチーフの輪郭を作りステッチで埋めていく技法です。
特徴
スプリッグ(小枝模様)でモチーフをつないでいくのが特徴です。


クロッシェ・レース Crochet Lace

かぎ針編みの事です。

アイリッシュ

アイリッシュ・クロッシェ・レース Irish Crochet lace
ニードル・レースに似せて作った上品なクロッシェ・レースです。
特徴
モチーフの周りが盛り上がる様に仕上げるのが特徴です。
「じゃがいも飢饉」があった1846年のアイルランドの農民達が
このレースを輸入して外貨を得ていた事で世界的に広まったレースです。

クロッシェ

クロッシェ・レース Crochet Lace
かぎ針編みのレースです。細編み、長編み、くさり編み等で模様を作ります。
特徴
網目の透け感が特徴的な技法です。
19世紀中期にはヨーロッパでは人気のレースです。

種類

パイナップル

パイナップル編み
文字通りパイナップルの柄を表したデザインです。



方眼

方眼編み
方眼の目の様に編み、その中に長編み等で模様を描いたデザイン。

モチーフ編み
同じモチーフを後でつなぎ合わせた編み方。

グロ・クロッシェ
大きな立体的なモチーフ編み。


ニードル・レース Needle Lace

ニードル

ニードル・レース
縫い針(ニードル)と糸だけで、かがりながら作る技法です。
アンティークの代表的なレースですね。
ボタンホールステッチが主に周りの糸に引っ掛けて縫っていきます。
刺繍の様に一針一針縫って行きます。ボビンレースよりも手間と時間のかかるレースです。



クロポワン

グロ・ポワン Gros Point
「大きいレース」の意味です。
大きなモチーフをボタンホールステッチで盛り上げていく技法です。
特徴
ダイナミックな大きな柄が特徴で、18世紀頃には男性の洋服には欠かせないレースになりました。

ポワンド

ポワン・ド・ネージュ Point de neige
モチーフに盛り上がりがあるのが特徴です。「ネージュ」は雪の意味があります。
雪の小さな結晶を表しているピコットが沢山あるのが特徴です。



レティセラ

レティセラ Reticella
初期のニードル・レースです。
カットワークやドロンワークと併用して作られる技法で、
生地の糸を抜いて格子状にボタンホール・ステッチで模様を作っていきます。
レティセラは「小さい格子」の意味です。


タティング・レース Tatting Lace

タティング

シャトルと言う糸巻機を使って1本の糸で編んでいく技法です。
今でも人気の技法ですね。
小さなシャトル一つで作れるので、18世紀には貴婦人の間で流行、
このシャトルを持った肖像画を描く事がステータスのようでした。



テープ・レース Tape Lace

テープ

リボン・レースとも言われております。
その名の通りテープやリボンを使って刺繍をしたレースの総称です。
図案に沿って一筆書きの様にテープを留めその間をステッチで埋めていく技法です。
日本でも愛されているレースですね。



バテン

バテン・レース Battenberg Lace
テープ・レースの一種です。テープ・レースと同じ技法です。
日本では明治時代に入ってきて新潟、上越高田で冬の内職としてバテン・レースが作られた事が始まりです。
日傘・ハンカチ等が作られています。

プリンセス・レース Princess Lace

プリンセス

「ロイヤル・レース」「インペリアル・レース」とも言われます。
ベルギーが発祥地で、テープ・レースの一種です。
波状のテープや幅の狭いテープを使用して模様を描き、
チュール・ネット(網状のネット)に一針一針ハンドメイドで縫い止めていきます。
ボビン・レースに比べると短時間で作れるレースです。



ヴェネチアン・レ―ス Venetian Lace

ヴェネチア

イタリアのヴェニス(ヴェネチアン)が発祥の地。
ヨーロッパ各地に広まったレースの総称の意味です。




スパイダー・レース Spider Lace

スパイダー

ラッセル・レース機で作られるレースです。
柄が「蜘蛛の巣(スパイダー)」の様な柄からこの名があります。
糸を複雑に絡ませて、不揃いに配置された柄です。
ストッキング等に良く使われてるレースです。



スワトー・レース Shan tou Lace

auto-FABjCD.JPG

中国の代表的なレースです。
中国の汕頭 (スワトー)で作られたレースです。
オーブン・ワーク(透かし技法)の一種で、布地の糸を引き抜いて刺繍を施す技法です。
ドロン・ワークやカット・ワークと併合して作られる事が多いです。
薄い透け感のある生地が特徴です。



フィレ・レース Filet Lace

フィレ

フィレはフランス語で「網の目」を意味します。
魚網のように糸を結びながらモチーフを編んでいきます。
その網目に刺繍を施してデザインしていきます。
13世紀にイタリアのトスカーナ地方の漁師の妻達が作り出したと言われ、
「タスカーニ・レース」とも言われます。



ボーラー・レース Borer Lace

ポーラ

小さな穴開いているレース
Borerは穴あけ機,きりの意味です。
エンブロイダリー・レース機にきりを取り付けて穴を開けていく技法です。




マクラメ・レース Macrame Lace

IMG_3697.JPG

針等を使わず糸や紐をピンで刺しながら結んで作る技法です。
平結び・巻き結び等の飾り結びで幾何学的な模様を作り出します。
とても歴史の古いレース編みで、アラビア語の組み紐等の意味を持つ「ミクラム」
トルコ語のタオルの意味を持つ「マクラマ」がフランス語で「マクラメ」に
訛って言われる様になったそうです。
アラビアでラクダの鞍の房飾りに使われ、その後スペインに伝わり、
12世紀に十字軍がイタリアに持込、ヨーロッパに広まった様です。
今ではテーブルクロスやカーテン等のタッセルに使われていますね。

ラッセル・レース Raschel Lace

ラッセル

ラッセル編み機で編まれたレースの総称の意味です。
当初は高級なリバー・レースを安価に作る為に考えられた、機械レースですが、
技術が進み今ではリバー・レースに見劣りすることが無い位の作品が出来ます。
チュールやカーテンまたブラジャーなどに使われています。



リバー・レース Leaver Lace

リバー

1813年イギリスのジョン・リバーにより発明された機械レースです。
機械で作る最高級のレースでもあります。
細い糸を撚り合わせて複雑な模様のチュールを作っていました、
機械レースなのに熟練の技術と時間を要され、その当時はとても高価なレースでしたが、
長い年月の中で改良され、柄を入れられる様になり、複雑な模様を作り出す事ができる様になりました。



クンスト・レース

棒針編みのレースの事です。
編み始めに3目から8目程度の少ない数で作りをし、
これを輪編みの場合と同様に複数の棒針に分散して編んでいきます。
掛目、増し目などの技法で円形、正多角形の放射状の編地になります。

レザー・カット・レース Laser cut Lace

レザーカット

レザー・カット機で革や生地をカットしてレース柄を表したものです。
人の手では表現が難しい細かい柄等を作り出す事ができます。
切れ目がキレイなのが特徴です。
熱で切り口を固めて作るものを「ヒートカット・レース」といいます。



ドロン・ワーク Drawn Work

ドロンワーク

Drawn(ドロン)は「引き抜く」の意味です。
ヘム・ステッチ(Hem Stitching)とも言われます
生地の縦糸・緯糸を抜き取りその糸を束ねたり、刺繍をしたりして、
透かし柄を作っていく技法です。
アンティークのクロスにはこの技法と他の技法を混合して作られているものが多いですね。



ヒーダボー Hedebo

ヒーダボー

デンマークが発祥地でヒーダボーという地域で作られた事からこの名が付けられました。
アメリカではホワイト・ワーク、ドイツではシュヴァルムとも言われます。
ドロン・ワーク、カット・ワーク、ニードル・レースが混合されて作られた物です。
生地に太い糸で刺繍される事が特徴です。
とても手の込んだ技法で、時間を要する技法です。



カットワーク Cutwork

カットワーク

切り抜いた刺繍です。
刺繍をした後に刺繍の部分を残して後は切り抜く方法と
切り抜いた部分の縁を糸でかがる方法があります。
歴史は古く13世紀頃が始まりと言われています、ニードル・レースの基盤にもなった技法です。




アイレット・レース Eyelet Lace

アイレット

アイレットとはハト目穴の小さな穴開き模様の事です。
カットワークの一種で、小さな穴の縁をかがり巻縫いの技法を使うものです。




スラブ・ネップ

ネップとは繊維が絡み合ってできた、糸の節のことです。小さな玉のかたまりがあります。
スラブとは所々に「わた状の節」がある糸です。糸を撚る時に撚りが甘く柔らかいフカフカとした所があるものです。毛糸やコットンでよく使われます。



刺繍の種類

スカラップ


スカラップ刺繍

生地の端を半円形にして 刺繍で留めたものです。
クロスの縁処理で良く見かけますね。
スカラー刺繍ともいいます。



コード刺繍

コード刺繍
糸やテープ・リボン等を布地に刺繍で縫い付けて柄を作り出します。
糸やテープを置いてから縫うのではなく、糸やテープ等を置きながら縫うのが特徴です。
テープやリボンを縫い付ける場合には、テープ刺繍・リボン刺繍とも言われます。


ピコ刺繍

ピコ 刺繍 Pico
穴を開けながらかがる刺繍のことです。
特殊ミシンを使用して作ります。


ピコット刺繍

ピコット刺繍 Picot
穴を開けずジグザグに縫う刺繍です。
特殊ミシンで刺繍します。


はまぐり

ハマグリ刺繍・シジミ刺繍
縁を貝のハマグリやシジミに似た刺繍でかがる技法です。
大きい物をハマグリ刺繍 小さい物をシジミ刺繍と呼んでいます。



ブランケット

ブランケット刺繍
毛布の縁をかがる為に使われる事から、ブランケット刺繍と呼ばれています。



8の字

8の字刺繍
数字の8が横につながって見える状態に並べ8の字の縁のみを縫う刺繍です。
8の次の中心部は縫わないのが特徴です。



チェーン

チェーンステッチ刺繍
文字通り 鎖の様なステッチの刺繍です。

パルマステッチ刺繍
3列のチェーンステッチで作られています。



コーチング

コーチングステッチ
コーチング(Couching)とは伏せると言う意味です。
糸を生地に乗せその糸を上からストレートステッチやバックステッチ等で留めて
つけていくステッチです。



ランニングステッチ

ランニングステッチ
等間隔で表・裏交互に針目を出しながら進めて刺していくステッチです。
輪郭線や細いラインを表現する時に良く使われます。



サテン

サテンステッチ
間隔をつめて糸を渡し面を埋めていくステッチです。
サテン地の様な艶が特徴です。
アンティーク・クロスには欠かせないステッチですね。



ロングショート

ロング&ショートステッチ
花びら等に良く使われるステッチで、長短のステッチを組み合わせて、同系色の糸で陰影をつけたり、
絵画の様な柄を生み出すステッチです。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional